backnumber
No.1525
2003/07/16
ご注文はこちら
Theme

商品部門特集④ 大手商社
「金属部門」の現状と今後の重点施策

中国・アジア向けの輸出増加で業績が拡大し、資源投資にも積極的

◇資源投資の寄与で、断トツの地歩を築く三菱商事の金属グループ    
◇資源案件の権益拡大と増産で収益拡大が期待される商事・金属グループ      
◇海外資源子会社の寄与などで過去最高益となった三井物産の金属セグメント 
◇ブラジルの鉄鉱石事業に1000億円を投じ、資源確保に積極的な物産   
◇アジア向け鋼材とコイルセンターの好調で大幅増益の住友商事・金属事業部門
◇住金との連携強化とニチメンの鉄鋼事業買収で積極展開を図る住商の金属事業部門
◇アルミ製錬事業の増設に75億円を投じる丸紅の金属資源部門  
◇石炭・鉄鉱石・アルミナなど資源開発案件に注力する伊藤忠商事・金属部隊  
◇住商に特殊鋼とステンレスのコア分野を譲渡するニチメン
◇今年1月にメタルワンへの統合を果たした日商岩井の鉄鋼製品部門

表1    大手商社「金属部門」の03/3期連結業績
表2    大手商社「金属部門」の03/3期単体業績
表3    大手商社「金属部門」の人員
表4    大手商社「金属部門」の主要な関係会社
○ 事業集約のスピードを上げつつ業績を拡大する伊藤忠丸紅鉄鋼
○ デフレの影響が如実に現れた大手商社国内店・ブロック別状況(後)
☆社員の執務状況を全く見ることができない三菱商事の新・品川ビル
☆新年度から社有車を従来の半分以下の6台にした三井物産
☆前期に公約を達成し、取締役報酬が若干改善された丸紅
Information
  • ◆ 大手商社の『比較経営分析2021年版』 9/末 発売予定。
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。