backnumber
No.1530
2003/08/27
ご注文はこちら
Theme

商品部門特集⑨ 大手商社
「建設部門」の活動状況と今後の重点施策

都心型マンションの拡販と業容の多角化に傾注する各社

◇不動産評価損で赤字だが、収益力を着実に拡大する住友商事・建設不動産本部
◇ビル再生事業に注力し、商業施設事業の体制を強化した住商・建設不動産本部
◇新ブランドで都心部のマンション事業を強化する丸紅・開発建設部門
◇マンションと連携し、管理事業やISP事業を拡大する丸紅・開発建設部門
◇本体はソリューション、中核5社が住関連に注力する伊藤忠商事・建設不動産部門
◇首都圏は新手法のワンルーム、関西圏は大型マンションを拡販したニチメン・建設部
◇事業再構築で減益だが、大型マンション事業が好調な日商岩井・建設都市開発カンパニー
◇商業施設事業の3分野に注力する日商岩井・建設都市開発Co.
◇大型マンション、請負、設備、証券化ビジネス、PFIと多分野に注力する三菱商事
◇プロパティマネジメント事業とエネルギーセンター事業に進出した商事

表1   大手商社「建設部門」の03/3期連結業績
表2   大手商社「建設部門」の03/3期単体業績
表3   大手商社「建設部門」の人員
表4   大手商社「建設部門」の主要な関係会社
表5   2003年度マンション販売計画戸数と主な物件
○ 三菱商事、三井物産など上位5商社の03年度第1四半期・基礎収益力比較
☆今月末から関係会社対策について社長との対話が始まる三井物産の18営業本部長
☆中国投資で今後もさらなる収益拡大を目指す丸紅の金融・物流部門
☆3Pと企画の差別化でマンション事業の勝ち残りを図るニチメンの建設部
☆この四半期決算でネットカンファレンスを商社で初めて実施した伊藤忠商事
Information
  • ◆ 大手商社の『比較経営分析2021年版』 9/末 発売予定。
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。