backnumber
No.1580
2004/09/08
ご注文はこちら
Theme

商品部門特集⑩ 大手商社
「新営業部門」の活動状況と今後の重点施策(前)

新機能事業、消費流通事業、サービス事業などの動きをみる

◇各本部の収益力拡大で純利益100億円の実力を有す三菱商事・新機能事業グループ
◇中核会社ITFがITマネージメントサービス強化を目指す商事・ICT事業本部
◇中核会社の収益拡大など体質の筋肉質化が進む商事・物流サービス本部
◇体質強化策でローソンの収益が拡大する商事・コンシューマー事業本部
◇主要3分野で中核会社の収益基盤拡充が進む商事・ヒューマンケア事業本部
◇次代を担う新ビジネスの立ち上げを推進する商事・ビジネスクリエーション部門
◇サミットやコーチ・ジャパンの好調で純利益が倍増した住友商事・消費流通事業本部
◇既存ビジネスの見直しと大規模な投資で規模拡大を狙う住商
◇マンション販売が端境期で減収減益となった三井物産・旧サービス事業本部
◇川下・事業型ビジネスを展開する物産・コンシューマーサービス事業本部

表1   大手商社「新営業部門」の04/3期連結業績
表2   三菱商事・新機能事業グループの本部別04/3期業績と人員
表3   大手商社「新営業部門」の人員
表4   大手商社「新営業部門」の主要な関係会社
○ 6億ドルのIPP事業への出資について、本部長と担当部長に聞く~三井物産
☆「他人(ひと)の足を引っ張るのはやめましょう」という伊藤忠商事の丹羽会長
☆「今の繁栄は諸先輩のお陰です」と若手をレクチャーした三井物産のエネルギー本部
☆チャンドラに続き米国の「スイフト」までが黒字に転換し始めた丸紅
Information
  • ◆ 大手商社の『比較経営分析2021年版』 9/末 発売予定。
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。