backnumber
No.1582
2004/09/22
ご注文はこちら
Theme

大手商社「大阪本社(関西支社)」及び「名古屋(中部)支社」の04/3期業績と今後の重点施策

[1]大阪(関西)~デジタル・白物家電や中国向け輸出で回復の兆し
[2]名古屋(中部)~自動車の牽引で、比較的堅調な各社

[1]
♢機電・情報産業や金属に復調の兆しが見える住商、屋外広告を拡販する商事
♢ファンドを立ち上げ地場企業を発掘する伊藤忠、部店独算を廃止する物産
♢東京本社や事業会社に商権移管を進める丸紅、唯一増益を確保したトーメン
[2]
♢子会社の好調で連結税引後利益が大幅増の物産、輸送機や化学品が堅調の住商
♢機械、化学品が低調な商事、主力の繊維が苦戦する丸紅
♢採算向上で増益を確保したトーメン、商権移管が響く伊藤忠

[1]
表1   大手商社「大阪本社(関西支社)」の04/3期の売上高と営業総利益
表2   大手商社「大阪本社(関西支社)」の04/3期の人員と商品別売上高比較
[2]

表1   大手商社「名古屋(中部)支社」の04/3期の売上高と営業総利益
表2   大手商社「名古屋(中部)支社」の04/3期の人員と商品別売上高比較

○ 今春から国内支社・支店を「商品本部制」の傘下に入れた三井物産の現状と展望
○ 新事業計画と決算予想の修正を発表した双日ホールディングス
☆ 「IPPはガス発電設備にしか興味がありません」という三菱商事の機械グループ
☆ メタルワンなど半期ベースで100億円を稼ぐ大手商社の鉄鋼製品ビジネス
☆ 新スタジオ完成で、意気が上がる住商系の「ジュピターショップチャンネル」
Information
  • ◆ 大手商社の『比較経営分析2021年版』 9/末 発売予定。
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。