backnumber
No.1588
2004/11/03
ご注文はこちら
Theme

大手商社のASEAN地域での活動状況(後)

ASEAN主要国の03年度売上高・主力商品、今期見通し、新規事業など

◇アジア監督制を導入し、広域運営体制の構築を図る三井物産
◇タイで1000億円の発電プラントを受注するなど大口案件が目立つ物産
◇6ブロック制を導入し、アジア地域の経営体制を充実させた伊藤忠商事
◇成長市場のタイで化学品や食料のビジネスを拡大する伊藤忠
◇双日アジア会社を核にアジア地域の一体経営を目指す双日
◇得意のベトナムでスズキとの合弁事業やチップ植林事業を拡充する双日

表1-A   大手商社のASEAN各国の売上高・主力商品と人員
表1-B   大手商社のASEAN各国の売上高・主力商品と人員
表2    大手商社ASEAN各国の主な事業会社
○ 引き続き収益・資産を拡大する日本リテールファンド投資法人
☆経団連の1%ルールに「惜しい、もうちょっとやなぁ」と嘆息した住商の宮原会長
☆近く、チャイルドケア事業に進出する三井物産のコンシューマーサービス事業本部
☆アテネ・パラリンピック金メダリストの誕生で、盛り上がりをみせるアイ・ティ・フロンティアCSR活動
Information
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』 8月下旬発売予定。
  • ◆ 大手商社の『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。