backnumber
No.1597
2005/01/19
ご注文はこちら
Theme

連結経営深化の鍵を握る大手商社のERP導入状況

物産、双日の導入で、トーメンを除く6社がSAP・R/3で統一

◇本社に続いて05年度中に海外への展開を図る三菱商事
◇昨年11月に新ERP「MICAN」が稼動した三井物産
◇本社に続いて、海外および事業会社への導入を目指す住友商事
◇米国会社のシステムをベースに海外展開を図る伊藤忠商事
◇バージョンアップで安全性の向上や効率化を図る丸紅
◇他社のテンプレートを購入し、期間面、コスト面を削減した双日
◇大手商社で唯一独自の基幹システムが稼動するトーメン

○ 大手商社・社長の2005年の年頭挨拶
☆「年間150~200億円の連結純利益を目指す」という三菱商事の新機能事業グループ
☆現代版、「東郷平八郎」となった日本レジャーカードシステムの関根副社長
☆アブダビの発電・造水事業に7700万ドルの投資を行う丸紅
Information
  • ◆ 大手商社の『比較経営分析2021年版』 9/末 発売予定。
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。