backnumber
No.1601
2005/02/16
ご注文はこちら
Theme

国際商品市況の高騰で、注目が高まる
大手商社の資源開発事業(後)

商事の豪州石炭や物産のValeparなど巨額投資が花開く各社

◇メジャーとの連携に加え、マジョリティを持つ事業への参画を狙う三菱商事
◇総額1000億円の買収劇で石炭メジャーへの道を切り開いた商事
◇アルミや銅など非鉄原料にも積極的に参画、強みを発揮する商事
◇石炭メジャー・Anglo社とのアライアンスを結び共同で事業拡大を図る三井物産
◇世界最大の鉄鉱石サプライヤーCVRDに経営参画する物産
◇特徴を発揮できる分野に注力し、ポートフォリオの概念を導入する住友商事
◇Batu Hijauなど住友発祥の銅事業に圧倒的な強みを持つ住商
◇豪州資源開発権益を集中管理し、総合力強化や意思決定迅速化を目指す伊藤忠商事
◇中国の石炭生産会社に出資するなど、豪州偏重を是正する伊藤忠
◇自前の資源調査部隊を擁し、機動的に資源開発を進める丸紅
◇PCI用炭の先駆け案件に参画するなど、ニッチ分野に力を発揮する丸紅
◇「少ない投資比率でも、製品を多く取り扱えるものを手掛けたい」という双日

表   大手商社が保有する金属資源権益一覧表
○ 過去最高益ペースを持続する大手商社の04年度第3四半期決算
○ 「小幅異動で集団指導体制を採ることになろう」とされる伊藤忠商事の役員人事
☆全社員一丸となって史上最高の“トリプルベスト”をめざす伊藤忠商事
☆「大学の鉱山学科卒業生は今や世界中でひっぱり凧です」という住商の資源本部長
☆「このままいけば増配を前向きに検討する」という三菱商事の水野代取常務CFO
Information
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』 8月下旬発売予定。
  • ◆ 大手商社の『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。