backnumber
No.1602
2005/02/23
ご注文はこちら
Theme

大手商社の燃料電池ビジネスの取組状況

広範囲なサプライチェーン、技術提携等で、将来の普及時に備える各社

◇サプライチェーンを広範囲に捉え、全社挙げて長期的観点で取組む三菱商事
◇北米、欧州のベンチャーファンド出資で、新規ビジネスの発掘、戦略構築に注力する商事
◇技術ベンチャーとして、日本の製造業と根づいた事業体の確立を標榜する住友商事
◇燃料電池エンジニアリング会社を設立し、日本向けSOFCの普及を図る住商
◇FCE社製 MCFCを主軸に据えて、燃料電池ビジネスを展開する丸紅
◇より一層の躍進を期し、アジア地域でのMCFC製造・供給体制の構想を描く丸紅
◇技術力のあるベンチャー・大手企業等と恊業し、燃料電池市場の動向を探る伊藤忠商事
◇実用化への道を開くプロジェクト等に参画し、将来の普及時における戦略を練る伊藤忠
◇キャパシタ蓄電システム事業の推進で、新規アプリケーションの創出を目指す三井物産

図1   水の電気分解と燃料電池の原理 
図2   燃料電池の仕組み 
図3   燃料電池ビジネスを取り巻く環境とその動向 
図4   アキュメントリクス・ジャパンのSOFC燃料電池開発体制 
表    大手商社の燃料電池関連ビジネスの組織・事業会社及び業務内容
○ 副社長の去就、坂本専務(執)の動向、新執行役員数などが注目される丸紅の役員人事
☆「三井物産といえば誰でも会ってくれます」と感激する中途入社の若手社員
☆オリコへの戦略的資本参加と業務提携でリテール金融事業に注力する伊藤忠商事
☆「役員になるのは夢のまた夢」という住友商事の中堅社員
Information
  • ◆ 大手商社の『比較経営分析2021年版』 9/末 発売予定。
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。