backnumber
No.1606
2005/03/23
ご注文はこちら
Theme

大手商社「化学品部門」の組織体制・陣容(後)

国際商品市況の好調で、業績が軒並み大幅増益の各社

◇07年度にグループ連結事業収益180億円を目指す三菱商事・化学品グループ
◇取引数量の拡大と質の向上・効率化で安定的収益確保を目指す商事・汎用化学品本部
◇川下の対応強化のため、需要家サイドに立つ組織に改めた商事の機能化学品本部
◇新技術・新材料の事業化推進BUを新設、将来への布石を打つ商事の先端化学品本部
◇07年に連結純利益100億円の達成を目指す伊藤忠商事の化学品部門
◇上流権益への参画で川下までのバリューチェーン構築を図る伊藤忠
◇不採算事業の整理にメドをつけ、V字回復に邁進する住友商事・化学品事業部門
◇硫酸トレードや原料一括納入などで強みを発揮する住商の機能性化学品本部
◇オレフィン輸送船の買収など物流面の強化を図る住商の合成樹脂・有機化学品本部
◇業務のほとんどを外出しし、本社に先駆けて統合した双日の化学品・合成樹脂部門
◇トップシェアまたはそれに近い強みを持てる分野へ注力する双日のエヌエヌ・ケミカル
◇3社の統合で業界トップレベルの合成樹脂会社となった双日のプラネット

表1   大手商社・化学品部門の事業会社数と投資残高 
表2   大手商社・化学品部門の組織体制とその主要商品 
図    双日の化学品・合成樹脂部門の組織体制
○ 資源関連が半数を占めた住友商事の05年度の「理事」昇格者
☆準備期間を終え、4月から現地発の新案件を発掘する三井物産の「アジア監督」
☆『人は仕事で磨かれる』の印税を世界の恵まれない子に全額寄付する伊藤忠の丹羽会長
☆学生の好感度を高める目的で「商社ビジネス体験」を実施する双日
Information
  • ◆ 大手商社の『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 大手商社の『海外関係会社ハンドブック2021年版』 4月末発売予定。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。