backnumber
No.1611
2005/05/04
ご注文はこちら
Theme

BRICsの一角として注目を集める
インドでの大手商社の活動状況

重点市場に位置付け全社を挙げて取組体制を強化する各社

◇インド法人の設立で活性化し、収益体質の改善が著しい三井物産
◇売上高や事業会社の収益規模で他社を圧倒する物産
◇小島社長の陣頭指揮の下、全社を挙げてインドに注力する構えの三菱商事
◇人員増強効果などで取扱高が過去最高を更新した伊藤忠商事
◇油田開発やIPP事業など他社が進出していない領域で事業を展開する丸紅
◇この4月より現地法人を設立し、インド市場への取組体制を強化した双日
◇Focused Frontierと捉えインフラや自動車関連に注力する住友商事
◇主力の化学品が好調で取扱高を拡大するトーメン

表1   大手商社のインドの取扱高と主力商品の構成比  
表2   大手商社のインドの駐在員数と現地社員数
表3   大手商社のインドの主要事業会社
○ 3カ年のRe‐Enterprisingで見事に“体質転換”に成功した日本ユニシス
○ 新規物件の取得で営業収益が拡大した日本リテールファンド投資法人
☆余裕のある時にと100名強の「イノベーションセンター」を発足させた三菱商事
☆「ソフト化が進んで社長ではなく謝長です」という日本ユニシスの島田社長
☆20回の節目に話題の鉄鉱石ビジネスを取り上げた三井物産の勉強会
Information
  • ◆ 大手商社の『海外関係会社ハンドブック2021年版』 4月30日(金)発売予定。
  • ◆ 大手商社の『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。