backnumber
No.1616
2005/06/08
ご注文はこちら
Theme

業績を大幅に拡大する大手商社「米国法人」

前期までの体質強化と商品市況の上昇で大幅増益に

◇主要事業の好調とビル売却益などで税引後利益トップに躍り出た米国住友商事
◇有力事業会社群の業績拡大で税引後利益が1億ドルを突破した米国三井物産
◇建材関連事業の増益と不振会社の復活で大幅増益となった伊藤忠インターナショナル
◇中核2大事業の史上最高益更新で増収増益となった丸紅米国
◇費用削減効果と商品市況上昇で大幅増益となった米国三菱商事
◇化学品と食料の主要2分野の好調により大幅増収となった米国トーメン社
◇既存の中核分野のほかに鉄鋼原料や鉄道車両などの分野を拡大する双日米国

表1   大手商社「米国法人」の04/12期業績(05/3期) 
表2   大手商社「米国法人」の04/12期形態別売上高 
表3   大手商社「米国法人」05/12期税引後利益見通し 
表4   大手商社「米国法人」の主要な関係会社 
表5   大手商社「米国法人」の店別にみた駐在員数(最近時) 
表6   大手商社「米国法人」の派遣部門別にみた駐在員数(最近時)
○ 過去最高益を更新し、今期の配当額20円以上を目指す三菱商事と三井物産
☆ “インド(ローマ)は1日にしてならず”を実践する三菱商事の冷凍食品ビジネス
☆原油の高値安定で再び石炭液化、オイルサンドなどの商業化が有望という大手商社
☆ 「10名採用のところへ5000人の応募者がありました」という三井農林
Information
  • ◆ 大手商社の『比較経営分析2021年版』 9/末 発売予定。
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。