backnumber
No.1628
2005/09/07
ご注文はこちら
Theme

商品部門特集⑩ 大手商社
「新営業部門」の活動状況と今後の重点施策(前)

新機能事業、消費流通事業、サービス事業などの動きをみる

◇収益基盤も確立し、今期をリスタート元年に位置付ける三菱商事・新機能事業グループ
◇新産業金融の担い手を目指す商事・新機能事業グループの金融事業本部
◇ITマネジメントサービスの強化を目指すICT事業本部と、日通との提携で中国の物流事業拡大を図る物流サービス本部~商事
◇ユニークで市場優位な成長産業の創出を目指す商事・ヒューマンライフ事業本部
◇マンション販売や事業会社などが堅調な三井物産・コンシューマーサービス事業本部
◇イトーヨーカ堂と共同で商業施設開発に参入する物産
◇住商オットーなど無店舗販売関連事業が低迷した住友商事・旧消費流通事業本部
◇ポスト“コーチ”の立ち上げに注力する住商のライフスタイル・リテイル事業本部
◇日商エレクトロニクスを収益基盤に主要3分野での新規ビジネスの開拓を目指す双日・新規事業開発グループ
◇自動車リサイクル事業など環境関連が順調に拡大する双日・新規事業開発グループ

表1   大手商社「新営業部門」の05/3期連結業績
表2   三菱商事・新機能事業グループの本部別05/3期業績と人員
表3   大手商社「新営業部門」の人員
表4   大手商社 「新営業部門」の主要な関係会社
図     三菱商事・新機能事業グループ事業コンセプト
☆10月上旬に「生活産業ビジネスのあり方について」全社ベースで討議する三井物産
☆入社25年目のリフレッシュ休暇は4週間もある三菱商事と2週間+旅費の住友商事
☆「えっ!過去最高の株価は1190円もあったの…」と驚く丸紅のある代取専務
Information
  • ◆ 大手商社の『比較経営分析2021年版』 9/末 発売予定。
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。