backnumber
No.1646
2006/01/25
ご注文はこちら
Theme

次期成長市場として注目が集まる
大手商社の中南米諸国への取組状況(後)

ブラジルを中心に資源供給元から消費マーケットとしても取り組みが加速

◇CVRDに資本参加し、ブラジルにおける強固な基盤を構築した三井物産
◇メキシコでIPP事業に参画し、安定した収益基盤構築を目指す物産
◇ブラジル市場担当役員を設置し、現地有力企業との連携を強化する丸紅
◇金属資源やプラント等でベネズエラなどに基盤を築く丸紅
◇ペトロブラスなど地場有力企業と長年の付き合いで強固な基盤を持つ双日
◇成長の余地のある市場として、コア事業での拡大を図る双日

表1-A   大手商社の中南米諸国の売上高(取扱高)と主力商品 
表1-B   大手商社の中南米諸国の売上高(取扱高)と主力商品 
表2    大手商社の中南米諸国の人員 
表3    大手商社・中南米諸国の事業会社一覧表
○ 槍田社長は続投し、明年以降の後継者の有力候補に副島専務などが浮上
☆今春から定量20%、定性80%の中期経営展望がスタートする三井物産
☆4月から資格給を廃止し、細分化された「職務給」を導入する住友商事
☆新年早々から中東戦略会議に飛び立った三菱商事の小島社長
Information
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』 8月下旬発売予定。
  • ◆ 大手商社の『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。