backnumber
No.1670
2006/07/19
ご注文はこちら
Theme

商品部門特集⑤ 大手商社
「燃料部門」の活動状況と今後の重点施策

油価高騰で井戸元の利益が拡大、過去最高益を更新する各社

◇各分野が総じて好調で、断トツの利益を稼ぐ三菱商事・エネルギー事業グループ
◇生産案件だけでなく、探鉱案件にも参画し、将来への布石を打つ商事
◇税負担増や利息収支の悪化で、6社中唯一減益となった三井物産のエネルギー本部
◇持分生産量を拡大すべく、積極的な権益獲得を図る物産
◇主要3分野が好調で、過去最高益を更新した丸紅のエネルギー部門
◇米国メキシコ湾で1360億円という過去最大の投資を実行した丸紅
◇収益基盤を拡充し、5年連続で最高益となった住友商事の資源・エネルギー事業部門
◇銅、石炭、石油、LNGに次いで、金、ウラン、ニッケルなど開発にも取組む住商
◇原油の生産量拡大と事業会社の収益改善で増益となった伊藤忠商事・エネルギー部隊
◇事業投資と物流を両輪としてビジネスを展開する双日のエネルギー事業本部

表1  大手商社「燃料部門」の06/3期連結業績
表2  大手商社「燃料部門」の06/3期単体業績
表3  大手商社「燃料部門」の06/3期商品別売上高
表4  大手商社「燃料部門」の人員
表5  大手商社「燃料部門」の主要な関係会社
○ 油価高騰の恩恵に浴し、過去最高益を更新したエルエヌジージャパン
☆「良い仕事とは…」のワークショップを半年間かけて全社員で討議する三井物産
☆「今の役員は、上にあがればあがるほど大変ですね」と言う三菱商事の若手執行役員
☆今月末に集中する大手商社7社の06年度第1四半期決算発表
Information
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』 8月下旬発売予定。
  • ◆ 大手商社の『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。