backnumber
No.1673
2006/08/16
ご注文はこちら
Theme

商品部門特集⑧ 大手商社
「化学品部門」の活動状況と今後の重点施策

川上分野を中心に市況高騰の恩恵に浴した各社

◇着実な取組みで、過去最高益を更新した三菱商事・化学品グループ
◇トレーディングを基本に、コアビジネスの強化を図る商事
◇本来の収益力を取戻しつつある三井物産の化学品セグメント
◇マーケット対応型の組織に改め、収益力の向上を図る物産
◇有機化学品、合成樹脂、無機化学品の各分野が総じて堅調な伊藤忠商事の化学品部門
◇重点戦略に沿って着実に基盤を強化、収益力を拡充する伊藤忠
◇Hartzの低迷をCantexがカバーした住友商事の化学品事業部門
◇京東方や東ソーなど有力企業とアライアンスを組む丸紅の化学品部門
◇合理化等による販管費の削減を進めた双日の化学品・合成樹脂部門
◇合併のシナジー効果が最も期待される豊田通商のエネルギー・化学品本部

表1  大手商社「化学品部門」の06/3期連結業績
表2  大手商社「化学品部門」の06/3期単体業績
表3  大手商社「化学品部門」の06/3期主要商品別売上高
表4  大手商社「化学品部門」の人員
表5  大手商社「化学品部門」の主要な関係会社
○ 過去最高益を持続する大手商社の06年度第1四半期決算
○ 産業再生機構よりダイエーの種類株式を取得し、筆頭株主となった丸紅
☆7月から3年目に入り、営業のプレジデントをすべて若返らせた伊藤忠の小林社長
☆「見た目よりも倍以上よい」双日の07/3期第1四半期決算
☆4つの経済誌に創立以来、初めて年間広告を掲載する住友商事
☆経済広報センターから企業広報功労・奨励賞に選出された三菱商事の総務部長
Information
  • ◆ 大手商社の『比較経営分析2021年版』 9/末 発売予定。
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。