backnumber
No.1685
2006/11/08
ご注文はこちら
Theme

大手商社のコンテンツビジネスの現状(後)

企画・制作の段階から有力作品を確保し、世界規模での事業拡大を目指す各社

◇ 業界3位のケーブルウエスト買収で、2位以下を大きく引き離す住友商事・J:COM
◇ VOD、IP放送、CS放送チャンネルのハイビジョン化に注力する住商・JTV
◇ アスミックの子会社化、シネコン新サイト開業で勢いづく住商の映画関連事業
◇ ハリウッド 7大メジャー・スタジオと契約し、精力的に展開する住商VODサービス事業
◇ 優良なコンテンツへの早期投資など、著作権開発を図る三井物産・コンテンツ事業室
◇ 映画製作や配給等で松竹と包括提携を結んだ物産・コンテンツ事業室
◇ 日本製アニメ作品の海外輸出に注力する双日・コンテンツ事業推進課

表  大手商社のコンテンツビジネスの担当組織・主要関係会社
○ 24時間完全生放送を実現し、さらなる飛躍を期す住友商事・ショップチャンネル
○ 新規投融資の半数を担う双日のエネルギー・金属資源部門
☆ 来春期限を迎える女子・契約社員のほとんどを正社員として再雇用する三井物産
☆ ドラゴンズのリーグ優勝で意気あがる青龍会々長の伊藤忠商事・横田代取副社長
☆ 中国の組織体制で特にコーポレート部門の強化を進める住友商事
Information
  • ◆ 大手商社の『比較経営分析2021年版』 9/末 発売予定。
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。