backnumber
No.1690
2006/12/13
ご注文はこちら
Theme

大手商社の2006年度上期・海外プラントと
海外工事の成約状況

大型案件の寄与などで、順調に成約を重ねる各社

◇ ドバイのメトロプロジェクトなど超大型案件が寄与した三菱商事
◇ 数百億円規模の案件を積み重ね、成約額を伸ばした丸紅
◇ TECの関係を強化し、メーカーサイドの視点も持つ三井物産
◇ 端境期に入り、案件の仕込みが中心となった伊藤忠商事
◇ 超大型案件はないものの、コンスタントに成約を実現した住友商事
◇ 交通プラントが好調な双日、計上方法を改めた豊田通商

表1  大手商社の2006年度上期海外プラントと海外工事の総成約額
表2  大手商社の2006年度上期海外プラントと海外工事の億ドル(115億円)案件
表3  大手商社の2006年度上期海外プラントと海外工事の主契約の成約額
表4  大手商社のプラント部隊の人員(最近時)
表5  大手商社の2006年度上期海外プラントと海外工事の成約案件一覧表
○ 3年目に入り、軌道に乗ってきた伊藤忠商事・メンター制度
○ 双日ケミカルを吸収合併し、新体制となった双日の化学品・合成樹脂部門
☆ 「住友の歴史はこれまで400年、これからも400年ですよ」という住友商事の岡 社長
☆ 「資源よりも化学品や生活産業に若手の人気が集まる」という三井物産の上席役員
☆ 「天然ガスは良いが、石油はたいへんです」という三菱商事、三井物産の燃料関係者
☆ 今年も総合商社で唯一、「エコプロダクツ2006」に参加する住友商事
Information
  • ◆ 大手商社の『比較経営分析2021年版』 9/末 発売予定。
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。