backnumber
No.1691
2006/12/27
ご注文はこちら
Theme

大手商社の2006年の主な動き

過去最高益更新と巨額の事業投資で攻めの経営に邁進する各社

◇ 過去最高益の更新で収益拡大基調を持続、全社が通期の業績見通しを上方修正
◇ 事業投資の推進による収益基盤拡充と、人材育成を重視した人事制度改革
◇ 社長交代はなく、役員人事はサプライズの連続だった大手商社
◇ 郵貯、NY総領事、県副知事など他の世界への転出が相次いだ大手商社マン
◇ 自動車や電力、プラントなどが活況を呈す~機械部門
◇ CTCとCRCの統合などITソリューション分野で再編の動きがみられた情報産業部門
◇ 資源投資の拡大とポートフォリオ管理体制強化、グループ体制の拡充~金属部門
◇ 資源関連は絶好調だが、LPGなど川中・川下では再編が相次ぐ~燃料部門
◇ 製造業への積極的な参画で基盤拡充を図る~化学品部門
◇ 国分による三井食品支援や伊藤忠系子会社の統合など卸業界に変化~食料部門
◇ 紙パルプ業界の再編に関わり、存在感を示す大手商社~生活資材部門
◇ 中国・アジアでの事業展開を具体的に練り出した各社~繊維・ライフスタイル部門
◇ 国内の需要頭打ちを睨み、海外進出を加速する~建設部門
◇ BRICs市場への対応と子会社を集約する物流分野、ネット事業に注力する金融分野
◇ 排出権、リサイクル、新エネルギーなど環境ビジネスを精力的に展開する各社
◇ バイオ・ナノビジネスや知財ビジネスの推進とRFIDの実証実験に注力
◇ ボーダレス化に対応し広域展開の体制を敷くアジア

☆ シニア、女子、外国人を大いに活用する丸紅
☆ 再雇用制度を導入し、退職予定者を2つの職掌で再雇用する豊田通商
☆ 加熱機能付容器“ナルホット”が「新日本様式」100選に選ばれた双日
Information
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』 8月下旬発売予定。
  • ◆ 大手商社の『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。