backnumber
No.1692
2007/01/10
ご注文はこちら
Theme

大手商社の2007年の経営課題

環境変化への対応と成長戦略の推進でバランスのとれた経営を目指す各社

◇ 「ステップ」期間の2年間で約1兆2000億円の投資を予定する三菱商事
◇ 新組織設立で連結ベースでの人材育成、経営基盤強化に注力する商事
◇ 2年間合計8000億円規模の投資計画が順調に推移する三井物産
◇ 全社経営戦略に基づき、事業ポートフォリオの構築・組替え等に注力する物産
◇ 定量目標を超過達成し、定性目標の収益基盤拡大を具現化した住友商事
◇ 収益基盤の拡大に合わせ、次期中計では経営の品質向上を目指す住商
◇ F-2006で純利益1000億円以上の収益基盤を構築できたと確信する伊藤忠商事
◇ 次期中期経営計画では「攻め」と「守り」を継続する方向の伊藤忠
◇ 3つの戦略分野への経営資源の重点投入で5000~6000億円の投資を実行する丸紅
◇ 社内連携委員会を中心に社内横断案件の推進に注力する丸紅
◇ New Stage 2008に則り成長戦略の一層の拡充が順調に進む双日
◇ CBの早期普通株転換と海外への縦経営体制導入に注力する双日
◇ 自動車関連分野と非自動車関連分野で投資案件の積極推進を目指す豊田通商
◇ 非自動車関連分野では、エネルギー・化学品、食料、生活産業・資材に注力する豊通

図    三菱商事・INNOVATION2007「ステップ」期間の重点分野における投資計画
☆ ホールディング・カンパニーを設立し、金属の内販会社を戦略的に統合する三井物産
☆ “肩書き”を使わず、「名前で~さん」と呼ぶ習わしの豊田通商
☆ 「武士の一分はおもしろかったよ」と言う三井物産の大橋会長
Information
  • ◆ 大手商社の『比較経営分析2021年版』 9/末 発売予定。
  • ◆ 大手商社『組織図と担当役職員録2021年版』『海外関係会社ハンドブック2021年版』『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。