backnumber
No.1721
2007/08/15
ご注文はこちら
Theme

商品部門特集⑧ 大手商社
「化学品部門」の活動状況と今後の重点施策

トレード、事業会社がともに好調で業績を拡大した各社

◇ 負の遺産の整理が終わり、本来の収益力を取り戻した三井物産・化学品セグメント
◇ トレーディングをベースとした川上の製造業への投資を視野に入れる物産
◇ メタノールなど製造業の好調で純利益を200億円に乗せた三菱商事・化学品グループ
◇ 興人の子会社化など連結事業会社の育成・強化を図る商事
◇ 悲願の純利益100億円を達成した伊藤忠商事・化学品部門
◇ 中国のPTAやブルネイのメタノールなどが動き出した伊藤忠
◇ 電子機能材・電池部材調達や農薬ビジネスが堅調だった住友商事・旧化学品事業部門
◇ 知見のある分野に経営資源を投入する住商の化学品・エレクトロニクス事業部門
◇ 事業会社の撤退損で減益を余儀なくされた丸紅・化学品部門
◇ メタノールや肥料など製造が好調だった双日の化学品・合成樹脂部門
◇ SMIの売却など経営資源の再配分を進める豊田通商のエネルギー・化学品本部

表1  大手商社「化学品部門」の07/3期連結業績
表2  大手商社「化学品部門」の07/3期単体業績
表3  大手商社「化学品部門」の07/3期主要商品別売上高
表4  大手商社「化学品部門」の人員
表5  大手商社「化学品部門」の主要な関係会社
○ 上位商社の純利益競争が熾烈化してきた07年度の第1四半期決算
☆「セグメントを超えた人の流動化に本格的に取り組む」という三井物産の井澤専務
☆「女性は戦力になってもらいたい」と説く三菱商事の西澤正俊代取常務
☆「単元株(100株)はもっと株価が上がってからです」と言う伊藤忠商事の渡邉副社長
Information
  • ◆ 大手商社の『国内関係会社ハンドブック2021年版』『ブレーンズ合本版2020年版』 発売中。
  • ◆ 大手商社の『海外関係会社ハンドブック2021年版』 4月末発売予定。
  • ◆ 新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間 時短勤務とさせていただきます。