backnumber
No.1763
2008/06/25
ご注文はこちら
Theme

商品部門特集② 大手商社
「機械部門」の活動状況と今後の営業戦略(後)

自動車・建機、電力、船舶、プラントなどの好調で、純利益は全社が増益

◇ 純利益が全事業部門中トップとなった住友商事の輸送機・建機事業部門
◇ 各事業領域で川上から川下までのバリューチェーン拡充を図る住商
◇ アジアを中心とした電力事業が好調だった住友商事のインフラ事業部門
◇ 収益基盤の質の向上と拡大を両立し、持続的な成長を目指す住商
◇ 航空機エンジンの投資などが収益に寄与する丸紅の旧輸送機・産業機械部門
◇ 建機や自動車分野で海外事業への参画が相次ぐ丸紅の輸送機部門
◇ IPP事業などの貢献で、部門として初めて100億円超を達成した丸紅の旧電力部門
◇ 拡大志向を堅持しつつも、資金効率の向上を図る丸紅の電力・インフラ部門
◇ 懸念案件を処理し、収益の改善がみられた丸紅の旧プラント・インフラ・船舶部門
◇ 環境をキーワードに新規ビジネスを発掘する丸紅のプラント・船舶・産業機械部門
◇ 主要4商品が総じて好調だった双日の機械・宇宙航空部門
◇ 各分野における強みや独自性を発揮した総合的な収益拡大を目指す双日

表1  大手商社「機械部門」の08/3期連結業績
表2  大手商社「機械部門」の08/3期単体業績
表3  大手商社「機械部門」の人員
表4  大手商社「機械部門」の主要な関係会社
☆ “資源高騰時における投資のあり方”について語る三菱商事の小島社長
☆ 「資源と非資源の比率を半々に持っていきたい」という三井物産のある副社長
☆ 過去最高の連結純利益をあげた東京電力と豊田通商が出資する「ユーラスエナジー」
☆ 「朝田さんとは若い頃ロスで一緒でした」と言う住友商事の加藤社長
Information
  • ◆消費税率引き上げに伴いまして、2019年10月から期間開始する購読料金を改定させていただきます。
  •  年間購読料=¥198,000(税込み)  半年購読料= ¥99,000(税込み)
  • ◆「大手商社の比較経営分析2019年版」発売中。
  • ◆「大手商社の関係会社ハンドブック(国内編)」2020年1月末~2月初旬 発売予定。