backnumber
No.1789
2009/01/14
ご注文はこちら
Theme

大手商社の2009年の経営課題

グローバルな信用収縮と世界同時不況の苦境に臨む各社

◇ 世界金融危機など先の読めない環境下、慎重な経営を心掛ける三菱商事
◇ キャッシュフロー・経費管理の強化、BUのモニタリング等を方針に掲げる商事
◇ 短期的・中長期的視野から今年の課題を仕分けし、対策を練る三井物産
◇ 引き続き、全社的な人材の傾斜配分、世界3極体制の機能強化に注力する物産
◇ GG Planの目標を上回る純利益とリスク・リターンの見込み必達を期す住友商事
◇ 各営業部門でコア・ビジネスの強化が進み、4つの質の向上も順調に進捗する住商
◇ F + 2008が順調に進捗し、事業領域の拡大とコア・ビジネス強化が進む伊藤忠商事
◇ 次期中計の骨子は固まっていないが攻めと守りのバランスをさらに強力に行う伊藤忠
◇ SG2009の6つの定量目標が順調に推移し今期の純利益目標の達成は堅い丸紅
◇ 重点分野への経営資源配分などSG2009の6つの重点施策に引き続き注力する丸紅
◇ 前倒しで現中計の目標を達成し、次期中計では不況に備え足場を固める方向の双日
◇ 攻めで新たな事業領域を開拓し、守りで現場の総点検を実施する豊田通商

○ 次期社長は3専務の中から選出される公算が強いという三井物産
☆ 4月に繊維、建設、不動産などを扱う二つのCS事業本部を統合する方針の三井物産
☆ 住商グループの企業文化を底流に異文化の融合が進んだ住商情報システム
☆ ティーガイア誕生にあたって「MS統合の経験が活きています」という宮城会長
Information
  • ◆「大手商社 組織図と担当役職員録2020年版」 8/20(木)発売予定。
  • ◆「大手商社の比較経営分析2020年版」 10月上旬発売予定。
  • ◆新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間時短勤務とさせていただきます。