backnumber
No.1858
2010/06/16
ご注文はこちら
Theme

~大手商社の「商品部門特集」プロローグ~
商品部門特集① 大手商社
「機械部門」の活動状況と今後の営業戦略(前)

環境・新エネルギー分野で商事と住商が新営業部門を新設
電力事業や船舶は堅調だったが、自動車や建機が苦戦した各社

◇ 電力事業が健闘したが、量販機械・自動車などが不振だった三菱商事の機械グループ
◇ インフラを将来の収益基盤として育成・強化することを最重要課題に掲げる商事
◇ 電力事業を中心に安定した業績を上げた三井物産のプロジェクト本部
◇ 自動車・建機の販売が伸び悩んだものの、持ち直しの兆しが見える物産の自動車本部
◇ 日本航空優先株の減損が響き赤字に転落した物産の船舶・航空本部
◇ 機械設備や自動車部品の取り扱いが低迷した豊田通商の機械・エレクトロニクス本部
◇ ロシアやアフリカなど主要地域で取り扱いが減少した豊通の自動車本部
◇ 自動車事業の苦戦で初めて経常赤字を強いられた双日の機械部門
◇ 電力IPPや太陽光発電など相次いで大型案件に取り組む双日

表   豊田通商「機械・エレクトロニクス本部」の組織改編
☆ 「うちは事業会社の雇用には絶対に手をつけません」という三菱商事
☆ 「非在来型のシェールガスには今後も力を入れていく」と言う三井物産の飯島社長
☆ 海外トレイニー制度で“骨太な商社パーソン”の育成に力を入れる三菱商事
Information
  • ◆緊急事態宣言の期間中は『週刊ブレーンズ』のPDFデータ送信による対応を行っております。
    まだ、メールアドレスのご連絡がお済みでないご購読者様は弊社の代表アドレス:info@brains-net.jpまでお知らせください。
  • ◆新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間時短勤務とさせていただきます。
  • ◆「大手商社の関係会社ハンドブック(海外編)2020年版」発売中。