backnumber
No.2314
2019/11/27
ご注文はこちら
Theme

第2四半期決算特集② 大手商社の19年度
第2四半期累計決算「連結セグメント別損益」分析

市況の低迷により化学品や金属の業績悪化が目立った各社

◇一過性損益により明暗が分かれた機械セグメント
◇鉄鉱石価格の上昇により豪州鉄鉱石事業が好業績を収めた一方、市況低迷により石炭や銅事業が苦戦した金属セグメント
◇石油・ガス開発事業の好調により三井物が大幅増益を達成したエネルギーセグメント
◇石油化学関連の業績悪化やメチオニンやメタノールなどの市況低迷で6社減益となった化学品セグメント
◇天候不順の影響で北米穀物関連事業やアジアの農薬事業が伸び悩んだ食料セグメント
◇5社11組織のうち、9組織が減益を余儀なくされた繊維・生活資材・建設セグメント
◇伊藤忠と住商が存在感を示す情報・金融セグメント
◇伊藤忠で第8カンパニーの動向が注目されるその他セグメント

表1   19年度第2四半期(累計)連結決算の「機械セグメント」
表2   19年度第2四半期(累計)連結決算の「金属セグメント」
表3   19年度第2四半期(累計)連結決算の「エネルギーセグメント」
表4   19年度第2四半期(累計)連結決算の「化学品セグメント」
表5   19年度第2四半期(累計)連結決算の「食料セグメント」
表6   19年度第2四半期(累計)連結決算の「繊維・生活資材・建設セグメント」
表7   19年度第2四半期(累計)連結決算の「金融・情報セグメント」
表8   19年度第2四半期(累計)連結決算の「その他セグメント」
○ 大手商社のプラスチック関連環境配慮型ビジネス(後)~三菱商事、三井物産、豊田通商の取組状況~
○ 4社で配当後フリーCFが黒字となった大手商社の19年度第2四半期決算におけるキャッシュ・フロー計算書
○ 社会貢献活動の一環として海ゴミセミナーと海ゴミ拾いを実施した双日
☆ 豪雨災害復興支援の一環として社員食堂で愛媛フェアを開催した住友商事
☆ ハーブ配合飼料の開発からハーブ畜水産物の生産、流通・販売まで一貫した展開を推進する日清丸紅飼料の『ハーブ村』
Information
  • ◆消費税率引き上げに伴いまして、2019年10月から期間開始する購読料金を改定させていただきます。
  •  年間購読料=¥198,000(税込み)  半年購読料= ¥99,000(税込み)
  • ◆「大手商社の比較経営分析2019年版」発売中。
  • ◆「大手商社の関係会社ハンドブック(国内編)」2020年1月末~2月初旬 発売予定。