backnumber
No.2304
2019/09/18
ご注文はこちら
Theme

商品部門特集⑬ 大手商社
「メディア・ICT・デジタル部門」の現状と今後の重点施策

メディア事業、ITソリューション事業、通信事業、ヘルスケア事業等

◇事業会社は堅調だったものの、一過性損失が響き減益となった住友商事のメディア・デジタル事業部門
◇テレビ通販事業とデジタルメディア事業に加え、デジタルコマース、デジタルヘルス事業を展開する住商のメディア事業本部
◇SCSKによるデジタルソリューションと全社DX推進を手掛ける住商のデジタル事業本部
◇ミャンマー通信事業と国内携帯販売事業の両輪を担う住商のスマートプラットフォーム事業本部
◇顧客接点を活かしたデータ活用事業への取り組みを推進する伊藤忠商事の情報・通信部門
◇次世代型テレビの商用化を目指した協業や医療従事者SNS運営事業への参入等を行う伊藤忠
◇前期の一過性損失の反動や事業会社の堅調な推移が寄与し、黒字転換を果たした三井物産のICT事業本部
◇IoT・AI、ロボティクスの普及、5G 通信のインフラ整備等の環境変化を捉えた新規ビジネスの創出に注力する三井物
◇IHH Healthcareへの大型追加投資が大きな話題を呼んだ三井物のヘルスケア・サービス事業本部
◇中国ヘルスケア市場の成長を取り込むべくヘルスケアファンドを設立した三井物

表1   大手商社「メディア・ICT・デジタル部門」の19/3期連結業績
表2   大手商社「メディア・ICT・デジタル部門」の人員
表3   大手商社「メディア・ICT・デジタル部門」の主要な関係会社
○ 役員・執行役員の状況② 49歳の執行幹部登用など、豊田通商で若手人材の起用が目立った大手商社における役員・執行役員の年齢構成
○ 子どもも大人も大満足!社員向けにファミリーデーを開催した住友商事グループ
☆ コーポレートメッセージの周知・浸透を目的にテレビCMの放送を開始した住友商事
☆ 健康管理サービス「からだステーション」のシニアマンションへの導入が決定した豊田通商
Information
  • ◆緊急事態宣言の期間中は『週刊ブレーンズ』のPDFデータ送信による対応を行っております。
    まだ、メールアドレスのご連絡がお済みでないご購読者様は弊社の代表アドレス:info@brains-net.jpまでお知らせください。
  • ◆新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間時短勤務とさせていただきます。
  • ◆「大手商社の関係会社ハンドブック(海外編)2020年版」発売中。