backnumber
No.2303
2019/09/11
ご注文はこちら
Theme

商品部門特集⑫ 大手商社
「金融・物流・建設部門」の現状と今後の重点施策(後)

上場・私募REIT、PE事業、不動産開発、ロジスティクス関連、保険事業など

◇物流施設や賃貸マンションの売却益によって大幅増益を達成した伊藤忠商事の旧建設・物流部門
◇戦略的業務・資本提携を結ぶCP・CITICとの協業案件が動き出した伊藤忠
◇事業会社の堅調な推移に加えポケットカードの連結子会社化が影響し、大幅増益となった伊藤忠の金融・保険部門
◇ほけんの窓口を中核にマーケットイン発想を推進する伊藤忠
◇ICT・モバイルサービスや不動産事業、保険・物流ソリューションなどを集約した丸紅の情報・不動産本部
◇新規ビジネス開拓の一環として、BIMオブジェクト総合検索プラットフォームサービス事業に参入した丸紅
◇主要な事業会社の合併や子会社化を通じ、事業基盤の強化を図る丸紅
◇オフィスビル事業や商業施設が軒並み好調だった住友商事の生活資材・不動産本部
◇「HARUMI FLAG」や「SHINTO CITY」などの大型案件が相次いで販売を開始した住商
◇中国における商業プロパティ・マネジメント事業を本格展開する住商

表1   大手商社「金融・物流・建設部門」の19/3期連結業績
表2   住友商事「生活資材・不動産本部」の19/3期連結業績
表3   大手商社「金融・物流・建設部門」の人員
表4   19年度マンション販売計画戸数と主な物件
表5   大手商社「金融・物流・建設部門」の主要な関係会社
○ 役員・執行役員の状況① 今年も上位3校が全体の5割近くを占めた大手商社の役員・執行役員の出身校
☆ 三井物産「サス学」アカデミー6年目のテーマは「モビリティ」
☆ 海岸清掃活動でペットボトルやプラスチック片などを回収した住友商事九州
Information
  • ◆緊急事態宣言の期間中は『週刊ブレーンズ』のPDFデータ送信による対応を行っております。
    まだ、メールアドレスのご連絡がお済みでないご購読者様は弊社の代表アドレス:info@brains-net.jpまでお知らせください。
  • ◆新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間時短勤務とさせていただきます。
  • ◆「大手商社の関係会社ハンドブック(海外編)2020年版」発売中。