backnumber
No.2301
2019/08/28
ご注文はこちら
Theme

商品部門特集⑩ 大手商社
「繊維・生活資材部門」の現状と今後の重点施策

木材・建材ビジネスが苦戦する中、パルプ事業の業績が伸長した各社

◇アパレル関連事業の堅調な推移と前期に計上した減損損失の反動により大幅増益を達成した伊藤忠商事の繊維カンパニー
◇「商いの次世代化」の一環として、「主導権を持った原料起点でのバリューチェーンの構築」に注力する伊藤忠
◇パルプ市況の上昇により増益を確保した伊藤忠の旧生活資材部門
◇天然ゴム事業のトレーサビリティの確立や持続可能性の実現に取り組む伊藤忠
◇伐採数量の伸長などにより木材資源分野が好調だった住友商事の生活資材・不動産本部
◇バイオマス発電所の本格稼働によりバイオマス燃料ビジネスが好調な住商
◇台湾・ベトナムで食品小売事業に参画した住商のライフスタイル・リテイル事業本部
◇事業の選択と集中によりブランド事業の収益基盤強化を図る住商
◇マレーシアのマネージドケア事業などヘルスケア事業に注力する住商
◇国内アパレル中核事業や海外のユニクロ事業が順調に業容を拡大する三菱商事・コンシューマー産業グループのアパレル分野
◇包括提携に基づきホギメディカルとシンガポールに合弁会社を設立した商事
◇TOYO TIREの関連会社化やコーヒーチェーン運営会社 コメダHDとの業務提携など、有力取引先との関係強化を図る商事
◇消費者起点のビジネスに向けて組織改編を実施した丸紅のライフスタイル本部
◇国内外でOEM、ODM事業に注力する丸紅
◇パルプ市況の上昇によりムシパルプ事業が改善した丸紅のフォレストプロダクツ本部
◇ベトナムにおいて段ボール原紙製造・包装資材販売事業に着手した丸紅
◇輸入牛肉数量の増加や海外製紙事業会社の好調などにより増益を確保した双日のリテール・生活産業本部
◇これまで培ってきた運営ノウハウを活かし、商業施設の保有・運営を推進する双日
◇18年に買収したベトナムの製紙事業会社が好調に推移する双日

表1   大手商社「繊維・生活資材部門」の19/3期連結業績
表2   大手商社「繊維・生活資材部門」の人員
表3   大手商社「繊維・生活資材部門」の主要な関係会社
○ 伊藤忠商事と三菱商事の1000億円超のフリーCFが突出した19年度第1四半期CF
○ 日本発のハードウェア関連スタートアップ企業の育成事業に着手した住友商事
☆ TOMODACHIイニシアチブと連携し、日米若手リーダーの育成を目指す三井物産
☆ 旧暦の『浴衣の日』に合わせ、受付や一部社員が涼しげな浴衣を着用した丸紅
Information
  • ◆緊急事態宣言の期間中は『週刊ブレーンズ』のPDFデータ送信による対応を行っております。
    まだ、メールアドレスのご連絡がお済みでないご購読者様は弊社の代表アドレス:info@brains-net.jpまでお知らせください。
  • ◆新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間時短勤務とさせていただきます。
  • ◆「大手商社の関係会社ハンドブック(海外編)2020年版」発売中。