backnumber
No.2298
2019/07/31
ご注文はこちら
Theme

商品部門特集⑦ 大手商社
「機械部門」の現状と今後の重点施策(前)

一過性損失も散見されたが、自動車・航空機リース・インフラ分野などが健闘した各社

◇三井住友ファイナンス&リースや米国TBCの再編を実行した住友商事の輸送機・建機事業部門
◇モビリティ分野において自動車メーカーやスタートアップ企業との積極的な連携を図る住商
◇大型発電所EPC案件や発電事業の利益貢献によって大幅増益を達成した住商のインフラ事業部門
◇洋上風力発電事業や強みを持つ海外工業団地で新たな動きがみられた住商
◇海外発電事業の資産入替やアフリカの地域密着型電力事業を推進した丸紅の電力本部
◇インフラファンド組成や豪州の鉄道開業などが着実に進捗した丸紅のプラント本部
◇HondaJetの国内販売や航空関連アセットマネジメント事業などが注目される丸紅の航空・船舶本部
◇全社の金融機能を集約し、次世代金融事業モデルの構築を目指す丸紅の金融・リース事業本部
◇自動運転技術やEV用超急速充電器、分散電源など、多様なビジネスにコミットする丸紅の建機・自動車・産機本部
◇自動車ディーラー事業や北米IPP事業の一過性損失に見舞われた伊藤忠商事の機械カンパニー
◇中国の大手病院グループに対するCITICとの共同出資が注目を集める伊藤忠

○ 次世代投資枠の設置やCDOの新設など、様々な施策でビジネス次世代化を推進する伊藤忠商事
☆インドネシア人技能実習生に日本文化を紹介するイベントに住友商事の社員ボランティアが参加
☆エイベックスとダイナミックプライシング事業で業務提携を結んだ三井物産
Information
  • ◆緊急事態宣言の期間中は『週刊ブレーンズ』のPDFデータ送信による対応を行っております。
    まだ、メールアドレスのご連絡がお済みでないご購読者様は弊社の代表アドレス:info@brains-net.jpまでお知らせください。
  • ◆新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間時短勤務とさせていただきます。
  • ◆「大手商社の関係会社ハンドブック(海外編)2020年版」発売中。