backnumber
No.2281
2019/03/27
ご注文はこちら
Theme

大手商社における「情報調査機関」の活動状況

先行き不透明な環境下、新たなビジネス創出のサポートに注力する情報調査機関

◇新規ビジネスの構築に資する情報・分析をタイムリーに提供する三井物産戦略研究所
◇各種レポートやセミナーを通じた積極的な情報発信に取り組む三井物産戦略研究所
◇マクロとミクロの両面から付加価値の高い情報分析・発信を目指す住友商事グローバルリサーチ
◇緊密なグループ連携を通じ、グローバルな情報収集ネットワークを構築する住友商事グローバルリサーチ
◇ヨハネスブルグと北京に続き、シンガポールに駐在員を派遣する丸紅の経済研究所
◇社員への啓蒙活動や営業本部との対話を通じ、営業活動における触媒としての役割を果たす丸紅の経済研究所
◇新領域でのビジネス創出に向けて、新たに「伊藤忠総研」を発足する伊藤忠商事
◇“Quick & Prediction”を念頭に置き、主体的な情報発信に注力する双日総合研究所
◇調査機能の拡充や関係部署との連携強化に向けて調査室を新設する豊田通商

表   大手商社「情報調査機関」の組織体制・業務内容
○ 三菱商事で役員が6名純減し、豊田通商で役員制度が大刷新された以外は例年並みの入れ替えとなった19年度の役員人事
○「日経アニュアルリポートアウォード2018」で大手商社3社が優秀賞を受賞
○ 歯科領域を成長分野の一つに定め、事業アセット積上げに注力する三井物産
☆ 在庫可視化や食品ロス削減を目指して電子タグの実証実験を行うローソン
☆「新・北斎展」の無料貸し切りデーを開催し、1000名もの関係者が名画を楽しんだ伊藤忠商事
Information
  • ◆緊急事態宣言の期間中は『週刊ブレーンズ』のPDFデータ送信による対応を行っております。
    まだ、メールアドレスのご連絡がお済みでないご購読者様は弊社の代表アドレス:info@brains-net.jpまでお知らせください。
  • ◆新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間時短勤務とさせていただきます。
  • ◆「大手商社の関係会社ハンドブック(海外編)2020年版」発売中。