backnumber
No.2274
2019/02/06
ご注文はこちら
Theme

大手商社「金属資源開発ビジネス」の取組状況(後)

既存権益の拡張に加え、一般炭権益の売却や銅権益への投資が散見された各社

◇豪州の鉄鉱石プロジェクトにおいて新規開発を相次いで発表した三井物産
◇Bengalla炭鉱の売却やCollahuasi銅鉱山の買い増しを通じ、積極的な資産良質化を図る三井物
◇Maules Creek炭鉱をはじめ、豪州石炭事業が堅調に推移する伊藤忠商事
◇西豪州鉄鉱石事業の供給能力維持と競争力強化に向け、新規開発を決定した伊藤忠
◇総合インフラを保有する豪州Roy Hill鉄鉱山プロジェクトがフル生産に移行した丸紅
◇チリCentinela地区における周辺鉱床の開発を通じ、さらなる資産価値向上を目指す丸紅
◇アルゼンチン・炭酸リチウム生産プロジェクトの拡張計画が注目される豊田通商

表   大手商社が保有する金属資源権益の一覧表
○ 電力使用量や紙使用量などの削減が徐々に進む大手商社の環境パフォーマンスデータ
○「成功確率」と「実行スピード」の向上を目指し、営業部の投融資案件の支援を推進する双日のM&Aマネジメント室
☆総合商社3社が初めて最優秀賞を同時受賞した「2018年インターネットIR表彰」
☆スポーツクライミング日本代表選手を招いて社内講演会を開催した住友商事
Information
  • ◆消費税率引き上げに伴いまして、2019年10月から期間開始する購読料金を改定させていただきます。
  •  年間購読料=¥198,000(税込み)  半年購読料= ¥99,000(税込み)
  • ◆「大手商社の比較経営分析2019年版」発売中。
  • ◆「大手商社の関係会社ハンドブック(国内編)」2020年1月末~2月初旬 発売予定。