backnumber
No.2148
2016/06/22
ご注文はこちら
Theme

商品部門特集② 大手商社
「機械部門」の活動状況と今後の重点施策(後)

円安や先進国の景気拡大の恩恵を受けて着実に稼ぐ各社

◇インドネシア自動車金融事業再編益などが業績を押し上げた住友商事の輸送機・建機事業部門
◇世界最大のトレーラーメーカーへの出資など業容拡大を図る住商
◇海外電力事業の堅調な推移や再生可能エネルギー事業のバリュー実現で手堅く稼ぐ住商の環境・インフラ事業部門
◇タンジュン・ジャティBプロジェクトの拡張案件を推進する住商
◇トレードと事業の両輪で収益を上げる伊藤忠商事の機械カンパニー
◇自動車や水・環境関連など強み・知見のある領域でさらなる業容拡大を図る伊藤忠
◇北米自動車事業の貢献などで着実に稼ぐ三井物産の機械・輸送システム本部
◇新規プラットフォームを通じ、リポジショニングを図る三井物
◇IPP事業の一過性損失で赤字となった三井物のプロジェクト本部
◇電力、ガスインフラ、海洋など幅広い分野で資産を積み増す三井物
◇米国自動車ディーラー事業や中南米の輸入代理店事業が健闘した双日の自動車本部
◇保有船舶の減損で減益を余儀なくされた双日の航空産業・情報本部
◇電力や水、鉄道など安定収益確保に向けた取り組みを実施する双日の環境・産業インフラ本部

表1   大手商社「機械部門」の16/3期連結業績
表2   大手商社「機械部門」の人員
表3   大手商社「機械部門」の主要な関係会社
☆九州大学主催のアジア太平洋カレッジに協力し国内外の大学からインターンを毎年受け入れている住友商事九州
☆「社会変革も辞さない意気込みの感じられる案件」を熱望する三井物産環境基金
Information
  • ◆消費税率引き上げに伴いまして、2019年10月から期間開始する購読料金を改定させていただきます。
  •  年間購読料=¥198,000(税込み)  半年購読料= ¥99,000(税込み)
  • ◆「大手商社の比較経営分析2019年版」発売中。
  • ◆「大手商社の関係会社ハンドブック(国内編)」2020年1月末~2月初旬 発売予定。