backnumber
No.2078
2015/01/14
ご注文はこちら
Theme

大手商社の2015年の経営課題

非資源分野の強化、資産入替と事業投資の推進、ROE向上等で収益基盤拡充を目指す

◇future pullアプローチで2020年のあり姿の確実な実現を目指す三菱商事
◇経営戦略2015の投資計画が新規投資・資産入替ともに順調に進捗する商事
◇全社R&Dによるヨコの強化で総合力の発揮を目指す商事
◇新中計Challenge & Innovation for 2020で攻め筋展開とFCF黒字化に注力する三井物産
◇Hybrid経営やイノベーションへの取り組みを重点施策に掲げる三井物
◇EBITDA、連結純利益、基礎営業CFの3指標を定量目標に掲げる三井物
◇現中期経営計画Brand-new Deal 2014の必達を期す伊藤忠商事
◇CPとの取組推進などで非資源分野No.1商社の座を目指す伊藤忠
◇「目指す姿」の実現に向け次期中計の円滑な立ち上げが重要な課題となる住友商事
◇「収益力を支える経営基盤」の改善が次期中計でも課題となりそうな住商
◇次期中計の方向性として経営改革の推進と収益力の継続的な強化を目指す住商
◇過去最高水準の資産入替を進めながら、積極的な新規投融資を行う丸紅
◇PM戦略会議による資産入替の推進をはじめ、3戦略会議の成果が上がる丸紅
◇自己資本を5000億円、ネットDER1.3倍と財務体質の改善を進めた双日
◇現中計で培った機能を活かし、次期中計期間では成長の加速を目指す双日
◇CFAOとの協業をはじめTRY1を意識した取り組みを進める豊田通商
◇足許業務および次世代成長市場への対応を強化する豊通

○ ボード内は小幅の入替に止まり、新執行役員は例年並みの6~7名程度か~伊藤忠商事の役員人事予想
☆営業基盤のさらなる強化・拡充を図るため国分と業務提携に向けた協議を始めた丸紅
☆非接触充電EVバス実証事業が「UK Bus Awards」に輝いた三井物産
Information
  • ◆「大手商社 組織図と担当役職員録2020年版」 8/20(木)発売予定。
  • ◆「大手商社の比較経営分析2020年版」 10月上旬発売予定。
  • ◆新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間時短勤務とさせていただきます。