backnumber
No.2048
2014/05/28
ご注文はこちら
Theme

決算特集②
大手商社の14/3期決算「連結貸借対照表」分析

円安や新規投融資の実行、純利益の積み上げなどで総資産と株主資本が全社で増加

◇円安や新規事業投資などで、営業債権、棚卸資産の増加が目立つ資産の部・流動資産
◇円安の影響、持分法会社の投資利益の積み上がりで投資及び長期債権が全社で増加
◇Gavilonなど大型買収のあった丸紅が最も大きな増加額を示した負債の部・流動負債
◇円安の影響や新規投融資に伴う資金調達による増加などで、長期債務が全社で増加
◇円安、純利益の積み上げで全社が増加とした資本の部・利益剰余金と累積包括利益
◇円安の影響や取扱数量増、新規投資実行等で増加が目立つセグメント別総資産

表1   大手商社の14/3期の財務状況
表2   14/3期連結BS「資産の部・流動資産」
表3   14/3期連結BS「営業債権の内訳」
表4   14/3期連結BS「資産の部・投資及び長期債権ほか」
表5   14/3期連結BS「負債の部・流動負債」
表6   14/3期連結BS「営業債務の内訳」
表7   14/3期連結BS「負債の部・長期債務ほか」
表8   14/3期連結BS「資本の部」
表9   14/3期連結BS「累積その他包括利益の内訳」
表10   14/3期連結BS「セグメント別総資産」
表11   14/3期連結BS「セグメント別総資産・その他内訳」
○ 4社でフリーCFが黒字となった大手商社の14/3期連結キャッシュ・フロー計算書
○ 三井物産の新中期経営計画「Challenge & Innovation for 2020」における基本方針と定量目標
☆投資の継続や株主還元の拡大で増加傾向が続く大手商社のネット有利子負債残高
☆発足10周年を迎え、記念行事をいくつか実施した双日
Information
  • ◆大手商社の「海外関係会社ハンドブック2019年版」・大手商社の「国内関係会社ハンドブック2019年版」・ブレーンズ合本版2018年版(平成30年版) 発売中。
  • ◆大大手商社 組織図と担当役職員録2019年版 8月中旬発売予定。