backnumber
No.2030
2014/01/15
ご注文はこちら
Theme

大手商社の海外IPP事業への取組状況(前)

非資源強化の動きから一層の事業拡大が期待される各社

◇新たに中近東・アフリカの開発拠点を設け、事業基盤を一層強化する丸紅
◇「電力・インフラ分野で、世界の主流企業と伍してやっていける部隊であり続ける」ことを目指す丸紅
◇着実な資産の積み上げで、持分発電容量が1万MWを突破した丸紅
◇地域拠点を軸に展開する「地産地消」の電力事業を推進する三菱商事
◇風力、太陽光、地熱など再生可能エネルギーへの積極的な取り組みが目立つ商事
◇「集中事業領域」に指定し、長期安定収益基盤の形成を目指す双日
◇中東3案件が相次いで商業運転を稼働し、早期の収益貢献が期待される双日

表1   大手商社・海外IPP資産の持分発電容量
図   丸紅の海外IPP事業への取組体制
表2   三菱商事の海底送電事業一覧表
表3   大手商社の海外発電資産一覧表
○ 大手商社・社長の2014年の年頭挨拶
☆延べ17万人が訪れた『エコプロダクツ2013』への出展を通じて、環境への取り組みの周知を図る三井物産と豊田通商
☆伊藤忠青山アートスクエアでダウン症の書家・金澤翔子さんが席上揮毫を披露
Information
  • ◆消費税率引き上げに伴いまして、2019年10月から期間開始する購読料金を改定させていただきます。
  •  年間購読料=¥198,000(税込み)  半年購読料= ¥99,000(税込み)
  • ◆「大手商社組織図と担当役職員録2019年版」発売中。
  • ◆「大手商社の比較経営分析2019年版」9月末~10月初旬発売予定。