backnumber
No.2029
2014/01/08
ご注文はこちら
Theme

大手商社の2014年の経営課題

積極的な新規投資を継続し資産入替の推進で強固な収益基盤構築を目指す各社

◇“2020年のあり姿”に向け「経営戦略2015」でポートフォリオの最適化を図る三菱商事
◇アジア市場を見据えた事業戦略と市場戦略を推進する商事
◇定量目標と新規投資・資産入替が順調に進捗し14年も着実な実行を目指す商事
◇現中計の定量目標達成を期すとともに投融資計画の着実な実行を目指す三井物産
◇総合力発揮による収益基盤強化の諸施策が順調に進捗する物産
◇大規模な投融資を持続するのか、次期中計の成長戦略が注目される物産
◇13年度の定量計画と投資計画が極めて順調に進捗する伊藤忠商事
◇生活消費の強みと基礎産業の強化で非資源分野No.1商社の地位確立を目指す伊藤忠
◇女性ロールモデルの創出と朝型勤務シフトなど人事政策を遂行する伊藤忠
◇目指す姿の実現に向けBBBO2014で収益力の徹底強化を図る住友商事
◇定量目標、バランスシート計画、主要経営指標の着実な達成に取り組む住商
◇BBBO2014の2年目に当たる14年度の経営課題~住商
◇現中計初年度で3ヵ年計画の投融資の半分を消化し、来期も資産の入れ替えを行いながら優良案件への投資を推進する丸紅
◇経営資源の最大効率化で2500~3000億円の安定的な純利益確保を目指す丸紅
◇投融資・資産の入れ替えが概ね順調に進捗し、さらなる優良資産の獲得を目指す双日
◇中計の定量・定性計画の達成に向け収益力強化を図る双日
◇パートナー戦略の加速に加え、上半期で予想を上回る投資を実行した豊田通商
◇競争力強化に向けビジネスモデルの見直しや新規投資の実行等を課題に掲げる豊通

○ チリ、ブラジルの南米資源国で1兆円を超えるカントリーリスクエクスポージャー
○ 大きな変動はないと予想されるも、8名前後の新役員誕生が見込まれる三菱商事の役員人事
☆丸紅基金・助成先施設によるパンの定期販売を社内で実施する丸紅
☆住友商事事業会社サミットが創業50周年記念にスーパーマーケット・ミュージアム開催
Information
  • ◆消費税率引き上げに伴いまして、2019年10月から期間開始する購読料金を改定させていただきます。
  •  年間購読料=¥198,000(税込み)  半年購読料= ¥99,000(税込み)
  • ◆「大手商社組織図と担当役職員録2019年版」発売中。
  • ◆「大手商社の比較経営分析2019年版」9月末~10月初旬発売予定。