backnumber
No.2004
2013/06/26
ご注文はこちら
Theme

商品部門特集② 大手商社
「機械部門」の活動状況と今後の重点施策(後)

自動車、電力など各分野が総じて健闘し、好業績を上げた各社

◇主要分野がいずれも順調で部門最高益を更新した丸紅の電力・インフラ部門
◇国内外で再生可能エネルギーへの取り組みが相次いだ丸紅の電力・インフラ部門
◇LNG船傭船事業や米国自動車販売金融事業などが健闘した丸紅の輸送機部門
◇景気の波に左右されにくいビジネスの構築を目指す丸紅の輸送機部門
◇EPCトレードと事業が着実に力をつける丸紅のプラント・産業機械部門
◇ガスインフラ、海洋エネルギーなどの事業型ビジネスへの参画が目立つ丸紅のプラント・産業機械部門
◇アジアの自動車金融事業が持ち直し、業績を伸ばす住友商事の輸送機・建機事業部門
◇各ビジネス領域で着実に新規ビジネスを開拓する住商
◇タンジュン・ジャティB拡張プロジェクトの貢献などで着実に収益を伸ばした住友商事の旧インフラ事業部門
◇新体制で全社の成長の原動力となることを目指す住商の環境・インフラ事業部門
◇拠点や施設の拡充を推進し、自動車販売基盤の強化を図った豊田通商の自動車本部
◇海外自動車生産の回復で自動車生産部品の取り扱いなどが増加した豊通のグローバル生産部品・ロジスティクス本部
◇幅広い分野で事業を拡大する豊通の機械・エネルギー・プラントプロジェクト本部

表1   大手商社「機械部門」の13/3期連結業績
表2   大手商社「機械部門」の人員
表3   大手商社「機械部門」の主要な関係会社
○ 13/3期末の投融資残は商事が4.2兆円、物産は2.6兆円、住商・伊藤忠・丸紅は1.8~1.9兆円台に
○ 創立100周年に向け一段高いレベルの利益成長を目指す、住友商事の新中期経営計画「Be the Best, Be the One 2014」
☆グローバル時代に対応し、本社採用でない台湾幹部を理事に昇格させた三菱商事
☆4年ぶりの神田祭・本祭開催で、「将門神輿」を社員たちが担いだ丸紅と三井物産
☆トリックアートを用いて既成概念にとらわれない新企業広告を完成させた伊藤忠商事
Information
  • ◆消費税率引き上げに伴いまして、2019年10月から期間開始する購読料金を改定させていただきます。
  •  年間購読料=¥198,000(税込み)  半年購読料= ¥99,000(税込み)
  • ◆「大手商社の比較経営分析2019年版」発売中。
  • ◆「大手商社の関係会社ハンドブック(国内編)」2020年1月末~2月初旬 発売予定。