backnumber
No.1986
2013/02/13
ご注文はこちら
Theme

大手商社「自動車部門」の活動状況(後)

東日本大震災やタイの洪水を乗り越え新興国を中心に海外事業を拡大する各社

◇自動車リース事業や販売金融事業など強みを活かしたビジネスの拡大を目指す住友商事の自動車2本部
◇SMASが堅調で、OTOとSOFが予想以上に回復し、メキシコでマツダ車生産事業に乗り出した住商の自動車事業第一本部
◇ウクライナとロシアのトヨタ車販売事業が好調な住商の自動車事業第二本部
◇メーカーとの協業強化により国内外で拡販を図る伊藤忠商事の自動車・建機・産機部門
◇業容や拠点網の拡充でロシアやインドネシア、タイの事業が好調に推移する伊藤忠
◇インドネシアとタイの販売金融事業が好調で新規に出資したトーヨーエイテックも堅調に推移する伊藤忠
◇筋肉質の体制に生まれ変わり組立製造販売とディストリビューターを重点分野に飛躍を目指す双日の自動車本部
◇フィリピン市場の好調でMMPCが三菱車の販売を伸ばす双日
◇ロシアのスバル車ディストリビューター事業が新車種投入で好調な双日
◇CFAO社の株式取得でアフリカ全土での展開が可能となった豊田通商の自動車本部

表1   大手商社「自動車部門」の組織陣容・年商・特徴
表2   大手商社「自動車部門」の主な事業会社一覧表
○ 資源価格下落で勢いに陰りが見える大手商社の12年度第3四半期業績
○ 太陽光発電・植物工場を活用した被災児童の体験学習を支援する三菱商事復興支援財団
☆住友商事が製作に参画した山田洋次監督の50周年記念作品『東京家族』が全国公開
☆テレビ番組内の社長コメント等に刺激を受け、社員たちが盛り上がる丸紅
☆被災地の子供たちの読書支援を行う2団体に支援金を贈呈した伊藤忠記念財団
Information
  • ◆消費税率引き上げに伴いまして、2019年10月から期間開始する購読料金を改定させていただきます。
  •  年間購読料=¥198,000(税込み)  半年購読料= ¥99,000(税込み)
  • ◆「大手商社の比較経営分析2019年版」発売中。
  • ◆「大手商社の関係会社ハンドブック(国内編)」2020年1月末~2月初旬 発売予定。