backnumber
No.1189・1190
1996/08/14
ご注文はこちら
Theme

商品部門特集⑦ 大手商社9社
「機械情報部門」の現状と今後の重点施策

4年連続の減収だが伸びる情報産業と海外の事業投資に注力

◇ 今春から電力・情報通信分野をアジア・南米など地域別組織にした住友商事
◇ プラント・通信機が貢献し若干の増収増益で今後はIPP等に注力する丸紅
◇ 国内と輸出が伸びず若干の増益だが海外の衛星移動通信事業に熱心な三菱商事
◇ 9社中最大の増益で事業主体となる案件の受注態勢を拡充する三井物産
◇ インターネットやPHSなど国内外の情報通信事業の拡大を図る伊藤忠商事
◇ インフラ整備の進む東南アジアヘ建機や二輪車の商内に注力する日商岩井
◇ 電力事業をさらに拡大しCATV事業にも取り組むトーメン
◇ 航空機のオペレーティングリース事業などリスクをとった展開をはかるニチメン
◇ 半導体からパソコン販売やインターネット検索事業へと業容を拡大する兼松電子部隊

表    大手商社9社「機械情報部門」の96/3期・陣容と総利益
表    大手商社9社「機械情報部門」の96/3期・形態別売上高と過去3力年の推移
表    大手商社9社の国内店・売上高における「近畿・東海ブロック」の占有率
表    大手商社9社「近畿・東海ブロック」の96/3期売上高と主要商品
○ 建設などで伸びた大手商社「近畿・東海ブロック」の96/3期の業績比較
○ 大手商社の人事戦略の問題点⑤
○ キャリア・パス・プログラムから各個人ごとのCPPの導入へ
○ 給与システムは単一でない独自のシステムの構築を
☆ 銅事件以降”仕事は全くお手上げの状態が続く”という英国住友商事会社
☆ 「5位の伊藤忠と差がありすぎる」と草道社長に指摘された日商・機械情報部門
☆ 「寂しい人が多いのではやる」という三井物産の深夜TVショッピング
Information
  • ◆大手商社の「海外関係会社ハンドブック2019年版」・大手商社の「国内関係会社ハンドブック2019年版」・ブレーンズ合本版2018年版(平成30年版) 発売中。
  • ◆大大手商社 組織図と担当役職員録2019年版 8月中旬発売予定。