backnumber
No.1204
1996/11/20
ご注文はこちら
Theme

旅客需要の回復と規制緩和で
新たな段階を迎えた大手商社の航空機ビジネス

ファイナンスからオペレーティングリースや代理店業務の強化策に注力

◇ アジアの需要増に対応し航空機リース事業をさらに強化する日商岩井
◇ MD製旅客機を中心に向こう3年で保有機を1.5倍の30機にする三井物産
◇ 本体と子会社で役割を分担し戦略的に航空機商内を展開する伊藤忠商事
◇ 航空機リース・機体の売買・ロールスロイスのエンジン販売に注力する丸紅
◇ エンジン・ヘリなど防衛庁向けの商内が中核の三菱商事宇宙航空機本部
◇ 主力の防衛関連を中心にオペレーティングリースにも注力しはじめた住友商事
◇ エアバスの代理店として名を馳せオペレーティングリースに注力するニチメン
◇ MD社製ヘリの防衛庁向けやパーツのリースに活路を見いだすトーメン
◇ 「KGAL」を設立し98年末から欧州・アジアでオペリを開始する兼松

表1    大手商社・航空機リースの成約残高
表2   大手商社9社・航空機部門の売上高・組織・陣容・特徴
○ 大手商社の企業文化②
☆ 東電に次いで関電,中部電などの卸電力の落札に成功し意気あがるトーメン
☆ L事件から20年経ちトライスターを海外に転売で大儲けの噂が出た丸紅
Information
  • ◆緊急事態宣言の期間中は『週刊ブレーンズ』のPDFデータ送信による対応を行っております。
    まだ、メールアドレスのご連絡がお済みでないご購読者様は弊社の代表アドレス:info@brains-net.jpまでお知らせください。
  • ◆新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間時短勤務とさせていただきます。
  • ◆「大手商社の関係会社ハンドブック(海外編)2020年版」発売中。