backnumber
No.1218
1997/03/05
ご注文はこちら
Theme

三菱商事・伊藤忠商事・丸紅の今春の「役員人事」を予想
本格的に始動しつつある「環境ビジネス」への大手商社の取組状況

~注目は3社とも後継人事で新取は昭和40年代入社が主流に~
~リサイクル業や廃棄物処理を中心に各社とも事業参入が活発化~

◇ 本命は川澄氏で対抗は佐々木・相原の両氏とされる三菱商事の後継者レース
◇ 室伏社長の続投宣言で振り出しにもどった伊藤忠商事の後継人事
◇ 春名会長は勇退し後継者は現常務陣の中から選出される見込みの丸紅
◇ プロジェクトとして取組む三菱商事とゴミの回収・運搬に注力する丸紅
◇ RE-MAX思想を掲げ静脈産業での事業を推進する伊藤忠商事
◇ 主体的な事業を模索する三井物産と社内横断組織を新設するトーメン
◇ 鉄関連のリサイクルに注力する日商岩井と故紙事業に実績を持つ住友商事
◇ 機械に専門組織を設置するニチメンとAIRS事業にカを入れる兼松

○ ストレス・マネージメント②
☆ 96年度の中国取扱高は前年度比倍増の50億ドルと伊藤忠に肉薄する三菱商事
☆ なんと45歳から”肩たたぎ’がはじまる伊藤忠商事の団塊の世代対策
☆ 商事・物産各A1,住商A2,伊藤忠・丸紅各A3という米ムーディーズの格付
Information
  • ◆大手商社の「海外関係会社ハンドブック2019年版」・大手商社の「国内関係会社ハンドブック2019年版」・ブレーンズ合本版2018年版(平成30年版) 発売中。
  • ◆大大手商社 組織図と担当役職員録2019年版 8月中旬発売予定。