backnumber
No.1219
1997/03/12
ご注文はこちら
Theme

2000年に向けた
大手商社の「船舶ビジネス」への取組状況

新造船中古船の売買・用船・ファイナンス・船用機器・保有船など

◇ 安定収益基盤を築きさらに関連分野への事業投資で業容を拡大する三井物産
◇ 台湾の船主エバーグリーン向けに三菱重工の大型コンテナ船が増加する丸紅
◇ 造船所から船舶解撤事業まで少数精鋭で業容を拡大する住友商事
◇ 船舶の仲介・ファイナンス・運航事業を3本柱に業容拡大をはかる三菱商事
◇ 中国のCOSCO向けに大型コンテナ船の商内を拡大させる伊藤忠商事
◇ 船舶関連ビジネスと海洋エンジニアリングで2本柱を築く日商岩井
◇ ドライの中小型船が主力のニチメンと兼松・タンカーが主力のトーメン

表   大手商社「船舶部門」の組織・陣容・売上高・関係会社等一覧表
○ ストレス・マネージメント③
☆ 上島社長のひと声で大手町の本店にもどる「三井物産貿易経済研究所」
☆ 大手商社M社の中国系社員から中国人の考え方・中国ビジネスの秘訣を聞く
Information
  • ◆緊急事態宣言の期間中は『週刊ブレーンズ』のPDFデータ送信による対応を行っております。
    まだ、メールアドレスのご連絡がお済みでないご購読者様は弊社の代表アドレス:info@brains-net.jpまでお知らせください。
  • ◆新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間時短勤務とさせていただきます。
  • ◆「大手商社の関係会社ハンドブック(海外編)2020年版」発売中。