backnumber
No.1943
Array
ご注文はこちら
Theme

環境ビジネス特集③
大手商社の二次電池・電気自動車関連ビジネス

電池材料、電池製造・販売、電池の用途開発、EV材料、EV販売、EVインフラなど

◇ 環境対応車向けリチウムイオン電池事業で世界最大規模の生産体制構築を目指す三菱商事の自動車関連事業ユニット
◇ ネオジム焼結磁石の製造・販売会社を新設した商事の自動車関連事業ユニット
◇ i-MiEVの拡販と普及に向け環境整備と啓蒙に取り組む商事のEV事業推進室
◇ 実証実験や他部門との連携による話題作りでEV普及を図る商事のEV事業推進室
◇ リチウムイオン電池の4R事業で用途開発を推進する住友商事の電池事業開発部
◇ EV・PHEV向け充電サービス会社を設立した住商の電池事業開発部
◇ Ener1社が破産法を申請したが、LiBの用途開発など引き続きその拡販に注力する伊藤忠商事の産機・電子システム部
◇ 正極材事業と負極材事業を展開する伊藤忠の化学品部門
◇ 環境の好転でEバイク向け、EV向け、定置用と中国二次電池事業の販路が拡大する三井物産の二次電池事業室
◇ 電力の制御ビジネスを検討する二次電池事業室とカーシェアリング事業でEV関連に注力する自動車総合戦略室~物産
◇ 自動車販売の得意地域チリで日産LEAFの販売に向け社会インフラの整備や啓蒙活働に取り組む丸紅の自動車部
◇ 仏社製と韓国社製の急速充電器で欧州と北米での拡販を目指す丸紅の設備機械部
◇ 多岐にわたる組織で二次電池関連材料に注力する双日の化学品・機能素材部門
◇ 全社横断組織 HEV事業推進室を設置して次世代自動車関連分野に注力する豊田通商

図   商社が係わる二次電池・EVのバリューチェーン 
表   今回掲載する各社の対象分野別の担当組織、ビジネス内容一覧表
○ 12年度の「理事昇格者」は16名と最近になく多く誕生した住友商事
☆ 意思決定の迅速化などを目指す三井物産の食糧本部と食品事業本部の組織体制
☆ 飲食スペースを設け中高生を中心に人気を博すベトナムのファミリーマート
☆ グリーン電力で自社や国内電力小売り事業における環境対応加速に尽力する丸紅
Information
  • ◆消費税率引き上げに伴いまして、2019年10月から期間開始する購読料金を改定させていただきます。
  •  年間購読料=¥198,000(税込み)  半年購読料= ¥99,000(税込み)
  • ◆「大手商社組織図と担当役職員録2019年版」発売中。
  • ◆「大手商社の比較経営分析2019年版」9月末~10月初旬発売予定。