backnumber
No.1402
2000/12/27
ご注文はこちら
Theme

大手商社の2000年の主な動き

他社との部門統合などで選択と集中が進む一方、ITやリテールで攻めに

◇ コーポレート機能の強化と組織の効率化、関係会社の統廃合、資産圧縮など
◇ 全社を挙げITを駆使したEビジネスを積極的に推進
◇ CVSなどリテール事業への投資、ネット金融サービス事業の積極的な展開
◇ 営業組織化した物流部門ほか、環境ビジネス、バイオビジネスなど
◇ 三井物産、トーメン、ニチメンで社長が交代した今年の役員人事
◇ 資格制度を廃止し成果に応じて処遇の格差を拡大する新人事制度
◇ 非常に厳しい内容の00/3期と過去最高益が続出した00/9期の連結決算
◇ キャピタルゲインや有力会社の活躍で収益の柱に台頭した情報産業
◇ JSATが東証に上場した通信衛星事業・コンテンツサービスに注力する移動体通信事業
◇ 輸送機関連で物産の台湾新幹線受注など明るい兆しもみられる機械
◇ 伊藤忠と丸紅の部門統合が注目の鉄鋼・大型資源開発が動き出した非鉄
◇ コア商品を絞り込む化学品・LNG開発の動きが活発だったエネルギー
◇ 日商岩井とニチメンの建材会社が合併した物資・時価会計が響いた建設
◇ 川下への動きが顕著な食料・SCMで新業態へ対応する繊維
◇ 米州での広域展開とアジア域内取引拡大への体制整備

○ 聖域なきリストラで特別扱いが困難になってきた大手商社の相談役と顧間
☆ 創薬研究のワンストップショップをめざす住商バイオサイエンス
☆ 住友商事とニチメンが好調だった大手商社の00/9中問期「建設部門」の業績
☆ 伊藤忠と丸紅の落ち込みが大きい大手商社の00/9中間期「国内店」の売上高
Information
  • ◆消費税率引き上げに伴いまして、2019年10月から期間開始する購読料金を改定させていただきます。
  •  年間購読料=¥198,000(税込み)  半年購読料= ¥99,000(税込み)
  • ◆「大手商社の比較経営分析2019年版」発売中。
  • ◆「大手商社の関係会社ハンドブック(国内編)」2020年1月末~2月初旬 発売予定。