backnumber
No.1963
2012/08/22
ご注文はこちら
Theme

商品部門特集⑨ 大手商社「建設部門」の
活動状況と今後の重点施策

国内マンション事業の好調、海外不動産業等の新展開で前進する各社

◇すべてのビジネスラインが好調に推移した住友商事・建設不動産本部
◇昨年秋に湘南地域最大級の大型商業施設が開業した住商
◇中国・蘇州市でマンション開発事業に参画した住商
◇金融機能と不動産開発機能の融合でビジネスを推進する伊藤忠商事の建設・金融部門
◇エコ、免震、防災サポートなど、物件の付加価値向上に力を入れる伊藤忠・IPD
◇ADRの公募増資で、REIT関連事業が上昇気流に乗る伊藤忠
◇売主別中古マンション騰落率ランキングで1位を獲得した丸紅・開発建設事業部
◇上海・嘉定区南翔において新規複合開発案件に取り組む丸紅
◇海外工業団地を中核とした事業に取り組む「海外開発建設部」を新設した双日
◇9月から国内マンション事業を新生「双日新都市開発」で展開する双日
◇ショッピングモール開業、分譲宅地完成等の動きがあった豊田通商・都市開発部

表1   大手商社「建設部門」の12/3期連結業績
表2   大手商社「建設部門」の人員
表3   大手商社「建設部門」の主要な関係会社
表4   2012年度マンション販売計画戸数と主な物件
○ 資源価格下落で各社が伸び悩む中、丸紅と豊田通商が増益を確保した大手商社の12年度第1四半期決算
☆中村新社長が出席し、第1四半期決算説明会を開催した住友商事
☆岡藤社長が大企業病に警鐘を鳴らした一面広告が話題となっている伊藤忠商事
☆「ガビロンの100%買収により海外でのブランドイメージが向上しそう」という丸紅
Information
  • ◆大手商社の「海外関係会社ハンドブック2019年版」・大手商社の「国内関係会社ハンドブック2019年版」・ブレーンズ合本版2018年版(平成30年版) 発売中。
  • ◆大大手商社 組織図と担当役職員録2019年版 8月中旬発売予定。