backnumber
No.1945
2012/04/04
ご注文はこちら
Theme

大手商社の穀物ビジネスへの取組状況

自ら需要を創出し、それを梃子に産地の強化を図る各社

◇ ブラジルでの集荷・輸出基盤を整備し、取扱規模の拡充を図る丸紅
◇ 中国、東南アジアに相次いで拠点を設置、販売力を強化する丸紅
◇ 需要基盤の拡大と供給基盤の確立を両輪に取扱量2000万トンを目指す三菱商事
◇ 単純なトレードだけでなく、自ら需要を創出することに注力する商事
◇ 需給のギャップを埋める「グローバル穀物戦略」を掲げる三井物産
◇ 中国やシンガポールなどに拠点を設け、成長市場の販売を促進する物産
◇ CGBの集荷能力を強化し、米国第3位を目指す伊藤忠商事
◇ 産地・市場オプションの拡充と投資リターンの確保で成長を目指す伊藤忠
◇ ベトナム・カイメップアグリ港を起点とした穀物バリューチェーンの構築を目指す双日
◇ リスクをミニマイズした企業型農業生産事業に参画した双日
◇ 豪州での事業基盤を整備し、内陸集荷から輸出までの一貫体制を敷く住友商事
◇ 豪州の川上基盤の整備を梃子に、アジア各地で川下分野の事業展開を加速させる住商
◇ 事業投資により獲得した販売力を梃子に産地でのアライアンスを強化する豊田通商

表1   大手商社・穀物ビジネスの組織体制・特徴・最近の動き 
表2   大手商社・穀物ビジネスに関わる主要事業会社
☆ 朝日新聞の環境プロジェクトに協賛し、小学生対象の森林教育を推進する三井物産
☆ コンビニ以上、スーパー以下の新業態で、新たな成長を期す住商ドラッグストアーズ
Information
  • ◆消費税率引き上げに伴いまして、2019年10月から期間開始する購読料金を改定させていただきます。
  •  年間購読料=¥198,000(税込み)  半年購読料= ¥99,000(税込み)
  • ◆「大手商社組織図と担当役職員録2019年版」発売中。
  • ◆「大手商社の比較経営分析2019年版」9月末~10月初旬発売予定。