backnumber
No.1541
2003/11/12
ご注文はこちら
Theme

大手商社のナノテク・
バイオビジネスへの取組状況(前)

シーズ・ニーズの発掘、商業化・事業化、パートナーとの提携、知財戦略など

◇R&D(+C)戦略でナノテクとバイオに注力する三菱商事
◇ナノテク事業推進担当を新設し、フロンティアカーボンの増産体制を構築した商事
◇フラーレンの用途開発のためにR&D会社を2社設立した商事
◇分散していたバイオ分野をバイオビジネスユニットに集約した商事
◇Cosmos Allianceなどパートナーとの提携でビジネスモデル構築を図る商事
◇機能提供、創薬支援などのビジネスモデルにも注力する商事
◇事業部門の自主管理、自己責任を基本に、全社がそれをバックアップする住友商事
◇中核事業会社を核に創薬、機器・研究受託ビジネスを展開する住商のバイオ分野
◇米国有力ベンチャーと提携して単層型カーボンナノチューブに取組む住商のナノ分野
◇準営業組織に発展的改編を行い、収益性を増す日商岩井
◇ネットワークをキーワードに、商社機能を活かした事業を展開する日商岩井

図1   三菱商事の技術事業化型ビジネスモデルの構築
図2   ナノテク事業推進の戦略的パートナーシップ
図3   フロンティアカーボン社全体図
図4   三菱商事の主要なバイオビジネス分野
図5   住友商事の新技術に対する支援体制
○ 上位3商社の女子総合職の推移と概要
☆近く、営業本部数を減らしグリップを強くする方針の三井物産・槍田社長
☆「輸送機、プラント船舶などが良くなってきました」と話す丸紅の機械総括部長
☆「営業本部長6年半は新記録じゃないですか」という三菱商事の物流サービス本部長
Information
  • ◆「大手商社 組織図と担当役職員録2020年版」 8/20(木)発売予定。
  • ◆「大手商社の比較経営分析2020年版」 10月上旬発売予定。
  • ◆新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間時短勤務とさせていただきます。