backnumber
No.1557
2004/03/17
ご注文はこちら
Theme

大手商社
機械部門の組織体制とその業務内容(前)

自動車やプラント、船舶の好調で業績が回復傾向の各社

◇エネルギー、金属、生活産業に続く第4の柱に育ってきた三菱商事の機械グループ
◇発電プラント、IPP、昇降機事業などを展開する商事の重電機本部
◇ファイナンスなど、ビジネスモデルの高度化を図る商事のプラントプロジェクト本部 
◇防衛庁関連で安定した収益を稼ぐ商事の宇宙航空機本部
◇REITやPFIなど新規ビジネスに取組む商事の環境・開発プロジェクト本部
◇自動車のバリューチェーンを構築し高収益を上げる商事の自動車事業本部
◇バイオやジェラニックなど新規ビジネスを開拓する商事のグループ直轄組織
◇自動車、船舶海洋、プラントプロジェクトをコアとする三井物産・機械セグメント
◇パイトン発電事業が改善してきた物産の電機・プラントプロジェクト本部
◇鉄道関連に強みを持つ物産の通信・交通・インダストリアルシステム本部
◇商社No.1の船舶部隊を擁す物産の自動車・船舶・宇宙航空本部

図1   大手商社・機械部門の売上総利益の推移(連結ベース)
図2   大手商社・機械部門の当期純利益の推移(連結ベース)
図3   三菱商事・機械グループの組織図
表1   三菱商事・機械グループのユニット一覧表
表2   自動車関連の主な投資先と2003年度持分利益
表3   三菱商事・機械グループの主要関係会社の状況
表4   三井物産・機械セグメントの部一覧表
表5   三井物産の主要関係会社の状況
○ 住友商事の04年度の「理事」昇格者
☆よい名称のため、社内トレードで人気のある合成樹脂本部・先端材料事業部~三井物産
☆連結売上高2兆円・同純利益100億円を超えそうな前12月期初決算~メタルワン
☆2万人の学生から募集要項の資料請求があったという三井物産
Information
  • ◆消費税率引き上げに伴いまして、2019年10月から期間開始する購読料金を改定させていただきます。
  •  年間購読料=¥198,000(税込み)  半年購読料= ¥99,000(税込み)
  • ◆「大手商社の比較経営分析2019年版」発売中。
  • ◆「大手商社の関係会社ハンドブック(国内編)」2020年1月末~2月初旬 発売予定。