backnumber
No.1558
2004/03/24
ご注文はこちら
Theme

大手商社
機械部門の組織体制とその業務内容(中)

自動車やプラント、船舶の好調で業績が回復傾向の各社

♢FT、LT、ITを駆使したビジネスモデルを構築する住友商事・輸送機・建機事業部門
♢積極的なM&Aでコアビジネスの拡大を図る住商の輸送機・建機事業部門
♢事業領域を明確にしバランスの取れた収益構造をめざす住商・機電事業部門
♢懸念案件タンジュン・ジャティBプロジェクトが動き出した住商・機電事業部門
♢デジタル・医療関連組織を統合し事業領域を拡大した丸紅・輸送機・産業システム部門
♢日産車やクボタの農業機械に強みを持つ丸紅・輸送機・産業システム部門
♢Sithe関連資産を整理し、アジアに注力する丸紅のユーティリティ・インフラ部門
♢風力発電や水関連など新規ビジネスに取組む丸紅・ユーティリティ・インフラ部門
♢制度金融の利用など仕組み案件への取組みを強化する丸紅のプラント・船舶部門
♢ムシパルプやチャンドラなど大型案件の育成を図る丸紅・プラント・船舶部門

図1   住友商事の機電事業部門の組織図
図2   丸紅・ユーティリティ・インフラ部門の海外IPP事業
表1   住友商事・輸送機・建機事業部門の部一覧表
表2   住友商事・輸送機・建機事業部門の主要関係会社の状況
表3   住友商事・機電事業部門の部一覧表
表4   住友商事・機電事業部門の主要関係会社の状況
表5   丸紅・輸送機・産業システム部門の部一覧表
表6   丸紅・輸送機・産業システム部門の主要関係会社の状況
表7   丸紅・ユーティリティ・インフラ部門の部一覧表
表8   丸紅・ユーティリティ・インフラ部門の主要関係会社の状況
表9   丸紅・プラント・船舶部門の部一覧表
表10   丸紅・プラント・船舶部門の主要関係会社の状況
○ 丹羽社長6年間の足跡と集団指導体制となるか小林次期社長~伊藤忠商事
☆ 「公明正大に隠しごとなく正直ペースでやります」という三菱商事の亀崎常務
☆ 昭和45年入社が経営の中枢を占める三井物産
☆ 「2年後におもしろい形態の総合商社が誕生しそう」というトーメンの中枢幹部
Information
  • ◆消費税率引き上げに伴いまして、2019年10月から期間開始する購読料金を改定させていただきます。
  •  年間購読料=¥198,000(税込み)  半年購読料= ¥99,000(税込み)
  • ◆「大手商社の比較経営分析2019年版」発売中。
  • ◆「大手商社の関係会社ハンドブック(国内編)」2020年1月末~2月初旬 発売予定。