backnumber
No.1590
2004/11/17
ご注文はこちら
Theme

大手商社・鉄道関連ビジネスの取組状況

老朽化の更新やインフラ整備、環境意識の高まりなどで需要が拡大傾向

◇幅広いビジネスを展開し、実績、陣容ともに群を抜く三井物産
◇米国、ブラジルにとどまらず貨車リース事業の拡大を図る物産
◇人員を充実させ、様々な案件に取り組む三菱商事
◇経験を活かし、フルターンキープロジェクトの受注に注力する丸紅
◇米国に強みを持ち、APMの拡販に拍車をかける住友商事
◇愛知万博に続くHSSTの実績作りに注力する伊藤忠商事
◇市場、商品ともに的を絞り、強みを活かす双日

表1   大手商社の鉄道関連プロジェクトの成約実績 
表2   大手商社・鉄道関連ビジネスの担当組織と主な成約案件 
表3   大手商社・鉄道関連ビジネスの主な事業会社
○ 部内を整理し、6室体制に改めた三菱商事の事業開発部
☆油価上昇などで前年中間の2倍以上となった三井物産・エネルギー本部の連結純利益
☆「ボーダフォン」への投資が20数倍のリターンになった三井物産・情報産業本部
☆「介護用品の需要は無尽蔵にあります」という三菱商事系の日本ケアサプライ社長
Information
  • ◆緊急事態宣言の期間中は『週刊ブレーンズ』のPDFデータ送信による対応を行っております。
    まだ、メールアドレスのご連絡がお済みでないご購読者様は弊社の代表アドレス:info@brains-net.jpまでお知らせください。
  • ◆新型コロナウイルス感染予防を目的とする時差出退勤のため、当面の間時短勤務とさせていただきます。
  • ◆「大手商社の関係会社ハンドブック(海外編)2020年版」発売中。