backnumber
No.1608
2005/04/06
ご注文はこちら
Theme

大手商社の海外拠点の統括体制

BRICs地域への対応とグローバル化の流れの中で広域経営体制の整備が進む

◇地域でのMCグループの価値向上を図るため場所長の機能を強化した三菱商事
◇ブロック統括や中南米総代表、中国担当役員などの新設で体制を強化する商事
◇アジア監督制度の導入、ロシア現法設立など重点市場で体制を整備する三井物産
◇米州と欧州で部店独算制から商品本部制に移行した物産
◇A&P地域に続いてBRICsに重点注力する伊藤忠商事
◇全世界を14のブロックに分け地域代表者をくまなく配置する伊藤忠
◇東南アジア総支配人の新設と中国での部門制導入を実施した住友商事
◇アセアン支配人を新設し、中国とアジアの広域展開を図る丸紅
◇中国・アジアで部門制を敷き、重点市場での効率的な経営体制を整備する双日
◇海外担当役員と総支配人に利益責任を持たせ統括体制を強化したトーメン

表   大手商社の海外拠点の統括体制
○ 各利益項目とも目標を大幅に上回ったメタルワンの04年度業績
☆本店本部を簡素化する一環として4月から人事部と総務部を統合する三井物産
☆「あと半年余りで全世界にERPが導入できます」という三菱商事
☆「うちは、よそと比べて理事の数が少ないのではないか」という三井物産の幹部
Information
  • ◆大手商社の「海外関係会社ハンドブック2019年版」・大手商社の「国内関係会社ハンドブック2019年版」・ブレーンズ合本版2018年版(平成30年版) 発売中。
  • ◆大大手商社 組織図と担当役職員録2019年版 8月中旬発売予定。